詳細

ブログ
【生産者紹介】タツノリがゆく拡大版

月刊とおわペーパーに掲載中のコーナー「タツノリがゆく」。

とおわ市場のスタッフのタツノリが十和の旬モノや生産者さんの紹介をしております。

月刊とおわペーパー7月号に掲載されたものを少し拡大してお届けします!

 

今月の生産者さんは四万十町里川・山脇フデコさん。

fu.jpg

 

野菜を作る、笑顔の素敵な方です。

里川は四万十とおわよりも少し離れた場所。

毎週日曜に、野菜を取りに行きます。


〈こだわりをもって野菜作り〉

今、山脇さんの畑では、たくさんの野菜が育っています。

pi.jpg

 

キャベツにピーマン、タマネギ、ナスなど約27種類のもの野菜があります。

そして、白いゴーヤや白いナスなどちょっと珍しい野菜も育てている。

「畑が狭いけど、たくさん植えてたくさん育てよる」と笑顔で話していただきました。


野菜作りにあたり、

to.jpg

 

『農薬を使わない』

『有機肥料だけをを使う』

このふたつにこだわり、野菜を作っています。

有機肥料は落ち葉を拾ってきて、自分の家で作っています。

家族や知人、そしてお客さんに安全でおいしい野菜を食べてもらいたいと

話してくれました。


〈孫も喜ぶ〉

kyu.jpg

 

畑仕事をしていて、野菜が実ったときが一番うれしいと答えていただきました。

そして、孫が「おばあちゃんの野菜はおいしい」と言ってくれると、

さらにうれしいそうです。

家族の方にも「スーパーで買って食べる野菜より、お母さんの作った野菜のほうがおいしい」と

言ってくれるそうです。


お孫さんが病気になったとき、「いろいろな薬草を混ぜて作った茶を飲ませてあげると

病気が治った。そのことが自慢です。」と話してくださいました。

 

四万十とおわでは、フデコさんの野菜ほか、たくさんの野菜が並びますのでぜひご賞味ください。


 

na.jpg    tou.jpg

変わった形のナス発見!       斜面にも野菜がぎっしり

ページトップへ